【ウユニ】どう撮っても絶景!10月のウユニ塩湖の写真6選【ボリビア】

10月のウユニ塩湖で鏡ばりと塩の大地の両方を見ることができました!
その際に撮れたウユニ塩湖の写真と動画を紹介します。

鏡ばりツアーのガイドの人が不思議な撮り方をしてくれました。
私たちはただ歩くだけでトリックアートのような不思議な動画を撮ることができました。

10月は乾季だが鏡ばりも見れる!

いわゆる鏡ばりと呼ばれる光景が見れるのは、12月〜4月の雨季になります。

私がウユニ塩湖に行ったのは10月の中旬です。乾季のシーズンに当たるので、鏡ばりは見れないと思っていました。
塩湖がめちゃくちゃ広いので、どこかで雨が降れば鏡ばりを見ることができます。

なので、10月は乾季の塩の大地と、雨季の鏡ばりを両方見ることができる欲張りな時期かもしれません。

塩の大地のウユニ塩湖

鏡ばりの光景で一躍有名になったウユニ塩湖ですが、元々は塩の大地で有名でした。
鏡ばりのツアーは日本や中国、韓国向けで、ヨーロッパ人向けには塩の大地や火山のツアーが人気です。

乾季は塩の大地ができ、地平線まで真っ白の大地が続きます。

乾季では遠近法を使ったトリックアートが楽しめます。
途中のお店で買ってきた怪獣を戦わせることができます。

このメンバーでツアーに参加しました。

やっぱり鏡ばりはどう撮っても絶景!

歩くだけでも絵になる湖。

夕日でカメハメ波〜。

ブレイクダンスで決めポーズ!

ウユニ塩湖は1週間いても飽きないと思います。
朝、夕方、夜と時間によっても景色が変わりますし、天気が曇りでも雲の形で様々な表情を見ることができます。

乾季でも鏡ばりを見ることができるので、諦めずにツアーに参加してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です