【パリ】ド定番の凱旋門、エッフェル塔観光を3倍楽しむ方法【フランス】


何もかも華やかなパリにやってきました。
フランス好きな高校時代の友人と現地で合流し、一緒に観光をしました。

まずはド定番の観光スポットである、エッフェル塔と凱旋門に行きました。

パリの観光は初心者にもオススメ

パリにはノートルダム大聖堂やベルサイユ宮殿などの世界遺産もたくさんあり、「モナリザ」や「民衆を率いる自由の女神」などの有名な美術作品もたくさんあります!

パリ観光には、美術館共通パス「パリミュージアムパス」が超オススメです。

ルーブル美術館やオルセー美術館などの必須な美術館にも行けますし、凱旋門もこれで登ることができます。
一番のメリットはルーブルみたいな超有名な美術館だと、チケット買うだけで長蛇の列ができますが、パスを持っていると長蛇の列をパスできます。

2日、4日などの連続した期間にパスになるので、予定を組む際に気をつけましょう。

移動手段はメトロが便利で、パリ市内は料金が一律なので、10枚セットの切符を買っておけば、気軽に市内観光ができます。

私は出会いませんでしたが、スリが多いというので注意は必要ですね。
トラのリュックを背負っているからか、私はスリにあったことが一度もありません。

凱旋門は登ることができます!


下から見ると大きいことが分かります。高さは約50メートルあるので、日本のビルで約12階くらいの高さです。

凱旋門の屋上までは螺旋階段で登ります。かなり長いので、すごい疲れます。

螺旋階段を登るとパリ市内を一望できます。

目の前にはシャンゼリゼ通り、遠くにはエッフェル塔も見えます。

個人的なこだわりですが、景色の良い高い展望台に行くときは夕方に行くと、明るい景色と夕焼け、明かりがつき始める景色といろんな表情が見られるので、昼間の2~3倍楽しむことができます。

日が沈む前のシャンゼリゼ通り。

日が沈んだ後のシャンゼリゼ通り。(加工あり)

日が沈む前のエッフェル塔。

日が沈んだ後のエッフェル塔。(加工あり)

時間になると光る!?エッフェル塔のシャンパンフラッシュ!

パリと言ったらまず思い浮かぶのはエッフェル塔。

夜になるとシャンパンフラッシュと呼ばれるライトアップが始まります。

21時から1時間おきに、キラキラとエッフェル塔が光だします。
登らなくても見ているだけで楽しめます。

かなり目がチカチカするようなライトアップですが、パリに来たら是非とも見たいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です