【ベルリン】アンペルマンの信号機が可愛い街を歩きました【ドイツ】


ドイツの首都はベルリンに行ってきました!
ヨーロッパというと華やかで物価も高い印象がありますが、ドイツは割と落ち着いていて、物価も周辺国と比べると安い方です。

世界史は詳しくないですが、ドイツは世界大戦でも負けているので、美術品などは他の国に持っていかれて、経済的にも周辺国と比べて豊かではないのかなと勝手に解釈しています。

ドイツ語は難しいのでよく知りませんが、大学の第二外国語でドイツ語を受講した友達から、ドイツ語で鉛筆をブライシュティフトということだけ教えてもらいました笑

鉛筆とは思えないかっこいい響きですよね。

可愛くてオシャレなアンペルマン

ベルリンの信号機が可愛いんです。
アンペルマンというキャラが赤信号と青信号になっていて、グッズもたくさん出ています。

日本にもアンペルマンのショップが渋谷にあったみたいですが、本店はベルリンにあります。

アンペルマンショップはベルリンにいくつもあり、店の前にはアンペルマンの置物もあります。

アンペルマンのステッカーやネックレス、日本のお店には売っていないパーカーなどグッズをたくさん購入しました。

ベルリンの壁の有名な壁画はイーストサイドギャラリーにある!

ベルリンと言っても、有名な観光地はベルリンの壁くらいしか知らなかったので、ベルリンの壁にも行ってみました。

歴史はよく分からないので美術品を見るように歩きました。
想像以上に長く、たくさんのアートがあるため、有名な男性同士がキスをしている壁画を見つけるのが大変でした。

ストリートのような壁画のアートが多く、歩いているだけでも楽しいです。

黄金に光るブランデンブルク門

ベルリンのランドマーク的な存在、ブランデンブルク門。
ベルリンの歴史を語る上では、重要な門らしいです。
東西が分断されていた時に国境の門としてあったみたいですね。今では、東西ドイツ統一の象徴として残されています。

世界史をあまり知らないとただの大きい門になってしまうのが、勿体無いなぁと思いながら眺めていました。

門の上には、クアトリガと呼ばれる四頭馬車と女神ヴィクトリア像があります。

市内から少し離れた場所に位置しますが一見の価値ありです。

ライトアップされると門が黄金のように光るので、夕方以降に行くのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です