【ンゴロンゴロ】野生のライオンが最も近く見れるサファリ!?

世界遺産にもなっているンゴロンゴロ自然保護区のサファリにやって来ました。

初めてのサファリ体験です。

ビック5と呼ばれるライオン、ヒョウ、バッファロー、サイ、ゾウを見ることを目的に行きました。

小型飛行機を貸切状態に!


ザンジバル島からサファリの玄関口であるアルーシャへ行きました。
なんと、その途中でリッチな体験をすることに⁉︎

国内線の飛行機なので、空港も小さく、手続きも簡単でした。早めに着いたので座ってのんびり待っていましたが、搭乗の20分前に準備ができたから早く乗れ的なことを言われて、飛行機に誘導されて小さな飛行機に一番乗りしました。
乗ったらすぐに扉が閉まり、1人しかいないパイロットが出発の準備をしています。コックピットが丸見えだーと思いながら見ていたらすぐに離陸しました。

なんと、12人乗りの飛行機を貸し切り状態!
ちょっとリッチな気分になれました笑


2時間くらいしてアルーシャに着いたら、ツアー会社の人が迎えに来てくれていて、2泊3日のサファリツアーを予約し、そのままサファリ近くのコテージに向けて出発。翌日からサファリです!

運が良ければビッグ5が見れる

ビッグ5(ライオン、サイ、バッファロー、ヒョウ、ゾウ)を見ることを目標にサファリを楽しみます。

参加するのは国立公園のンゴロンゴロとセレンゲティで2泊3日のサファリツアーです。
ンゴロンゴロでは巨大なクレーターの中に生息している野生の動物を見ることができます。
セレンゲティはマサイ語で”果てしなく広がる大地”という意味らしく、その名の通り地平線まで荒野が広がってました。

1日目はほとんど移動だったので、特にお目当ての動物は見ることができませんでした。
そして、キャンプ場でテントを張って寝ます。夜食は、ガイドの人がスープや料理を作ってくれて、温かい食事ができました。

夜行性の動物もいると思うので、寝ている途中で襲われることもないか心配でしたが、防護柵もあるので、安心でした。
夜は結構寒いです。

2日目は朝早く起き、朝食を食べて、テントを畳んで、早速サファリへ出発します。
一日中、サファリで動物を追いかけていきます。
この日は、車の横を通り過ぎるというサービス精神旺盛なライオンに出会うことができ、手を伸ばしたら触れそうな距離まで近づいたときはテンションが上りました!

暗くなる夕方前に、キャンプ場に移動し、テントを立てて、宿泊準備をしました。

最後に、ツアーに一緒に行った人とパシャリ。
中央が現地のガイドで、アメリカ人とイタリア人の夫婦と一緒でした。兄とトラのリュックも一緒です。

サファリにはトラがいなかったのが残念です。

動物好きにはたまらない!野生の動物の自然な姿が見れます!

今回のサファリで見ることのできた動物たちがスライドショーをご覧ください。

スライドショーには JavaScript が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です