インスタ映えするカラフルな街並みのブラーノ島【イタリア】

ブラーノ島はインスタ映えするカラフルな家並みが有名で、レース編みが名産の島です。

島中が撮影スポットになっているので、カメラは必須ですね!

カラフル好きな人にはテンションが上がる島


船から降りて、少し歩くとこの島が人気な理由が分かります。

家の壁がカラフルになっていて、とても綺麗です。
島自体がアート作品のように鮮やかなので、干してある洗濯物までがカラフルの一部に見えてきます。

隣接している家で、同じ色が並んでいることはないため、どうやって塗る色を話し合ったのかが気になりますね。

どうしてカラフルな街並になったかというと、
昔、漁師が海から帰ってくると、霧が濃く出ていて、自分の家が分かりづらかったようです。
そこで、自分の家が分かるように壁に色を塗り、見分けるようにしたと言われています。

カラフル好きな私にとっては、住みたいと思うほど好きになった島です。

カラフル好きな方にはこちらの場所もお勧めします。

まずは傾いている鐘楼を目指そう

サン・マルティーノ教会にはランドマークとなっている鐘楼が立ってます。

岸から進んで行くと見えてくるので、気付くかと思いますが、傾いているように見えます。

地盤が悪いようで、だんだんと傾いてきているようです。
いつか倒れないか心配になりますね。

時間に余裕をもって行こう

ヴェネツィアの離島になっていて、水上バスで40分程度で行くことができます。

観光地として人気な島なので、観光客も多いです。

帰りの水上バスに乗るのに、1時間も並んで待つこともざらにあります。
ブラーノ島自体の散歩は1時間あれば回れると思うので、あとはどれだけ写真をこるかで時間がかかります。

近くにヴェネツィアングラスで有名なブラーノ島もあるので、合わせて観光するのもいいと思います。

名前が似ているのでムラーノ島かブラーノ島にどちらに行ったか混ざるので注意しましょう。